MAKE
MIERUNDES

0. 工具と部品の確認

0-1

部品が全て揃っているか確認してください

a. メガネ基板
b. クッション
c. ゴムキャップ
d. 熱収縮チューブ
e. ツル用銅線 x2
f. 電源ケーブル
g. 電源基板
h. 電源基板用クッション
i. LED
j. 抵抗
k. 充電器
l. USBケーブル
m. バッテリー x2

0-2

MIERUNDESの組み立てで使う工具

n. ニッパー
o. ワイヤーストリッパー
p. ハンダ
q. ハンダごて(高熱容量が良い)
r. 定規
s. ペンチ
t. ドライヤー or ライター

0-3

電流は、基板オモテの+極から、LEDと抵抗を通り、基板ウラの−極へ流れ込みます

1. 抵抗のハンダ付け

1-1

リード足の根本から直角に折り曲げる

1-2

折ったところ

1-3

抵抗を基板に通す

1-4

抵抗をハンダ付けする

1-5

良いハンダ付けの例
富士山のような末広がりの形が理想的

1-6

抵抗の足を切る

1-7

でっぱりは1mm程度

2. LEDの下ごしらえ

2-1

熱収縮チューブを16個切る
長さは約6mm

2-2

熱収縮チューブをLEDに被せる
LEDとチューブの上端をそろえる
チューブがLEDの底を包める長さ

2-3

被せにくい場合は鉛筆やピンセットなどでチューブを広げる

2-4

ドライヤー or ライターで熱収縮チューブを加熱、収縮させる
LEDをブレッドボードや発泡スチロールに刺すと手が熱くない

2-5

チューブでLEDの底を包む
こうするとチューブが外れない

3. LEDのハンダ付け

3-1

LEDを基板に通す

LEDは足の長い方が+極
基板の+記号に合わせる

3-2

LEDをハンダ付けする

3-3

良いハンダ付けの例
富士山のような末広がりの形が理想的

3-4

LEDの足を切る

3-5

でっぱりは1mm程度

4. ツルの下ごしらえ

4-1

ツル用銅線にゴムキャップをつける

4-2

被覆を剥く

4-3

被覆を剥く長さ

電源ケーブル: 5mm
ツルA: 8mm
ツルB: 8mm

4-4

ツルAの一方を直角に曲げる

4-5

電源基板の大きい方の穴に、ツルAの直角に曲げた側をハンダ付けする

電源ケーブルを小さい方の穴に通す

4-6

電源基板のウラから電源ケーブルをハンダ付けする

5. ツルのハンダ付け

5-1

右にツルA、左にツルBをハンダ付けする

基板の上下に注意!
mierundes.comの文字で上下を確認してください

5-2

メガネ基板の右側に、電源ケーブル、ツルAをハンダ付けする

電源基板の角度に注意!

5-3

オモテにコテをあて、ウラにハンダを融かす

5-4

メガネ基板の左側にツルBをハンダ付けする

5-5

良いハンダ付けの例
富士山のような型

5-6

良いハンダ付けの例
富士山のような型

6. 点灯チェック

6-1

バッテリーを充電する

LED点灯: 充電中
LED消灯: 充電完了

6-2

充電したバッテリーを電源基板に差し込む

UPボタンを長押しでLEDが全て点灯するかチェックする

DOWNボタン長押しで暗くなり、消灯でスリープモードに入ります

6-3

LEDが点かない場合、ハンダ付け不良、LEDの+/-の逆接、などの可能性がある

ハンダ付け不良の場合、メガネ基板をひねるとLEDが点いたり消えたりする

原因を確かめて修正する

7. 仕上げ

7-1

クッションを貼り付ける

メガネの上下に注意!

貼り直しはできないので、ハンダ付け不良を確実に修正してから貼り付けてください

最後にグッと押し付けて圧着します

7-2

電源基板の裏にクッションを貼り付ける

7-3

頭にフィットするようにツルを曲げて調整する

8. 完成!

8-1

MIERUNDESのかけ方
バッテリーが上にきます

8-2

おめでとうございます
MIERUNDESの完成です

ページトップに戻る